セロトニン神経

セロトニン神経はどのようなものでしょうか?私たちの脳には、約150億の神経細胞が張り巡らされていて、そのなかでセロトニン神経と呼ばれるのは数万個あります。セロトニン神経はセロトニンを情報伝達に利用していますが、セロトニン神経を特殊な色素で染めてみますと、脳全体にセロトニン神経が分布していることがわかります。

したがって、セロトニン神経自体は少ないですが、1つのセロトニン神経が万単位の神経細胞をコントロールしていることを考えると、まさにオーケストラの指揮者のような役割を持っているといえます。オーケストラは指揮者がいないとまとまりませんし、逆に1つ1つに細かく指示を出していたら他のパートがおろそかになってしまいます。

1つのセロトニン細胞が数万個の神経細胞に指令をだし、コントロールしているのです。

セロトニン神経は、私たちが昼間活動しているときに、心とからだの調節機能を果たす重要な役割をもっています。

メラトニンとセロトニンの関係性

古来中国では、物事すべてに陰陽の関係があるといわれています。とくに漠方医学では陰陽の考え方が基本になっていて、陰陽のバランスをとることが健康を維持するうえで大切だということです。この考え方は人間の体で考えるとまさに理にかなっている点がいくつもあり驚かされます。

この陰陽を日常生活にあてはめてみますと、夜は陰、昼は陽になります。季節での差はあれ、昼と夜は約12 時間ずつでバランスがとれています。l日の生活のなかで陰が長くても陽が長くてもいけないわけで、このバランスが崩れると健康に大きな影響をおよぼしてしまいます。

この陰陽の考え方をメラトニンとセロトニンにあてはめてみますと、おもしろいようにそれぞれの役割の大切さが理解できるようになります。太陽が昇るとともに陽のセロトニンが分泌され、日中行動するための元気を与えてくれます。

仕事や勉強に忙しくしていると、当然エネルギーを使いますが、エネルギーを使えばかならず老廃物が体内にたまります。老廃物で一番大きな開港になるのが活性酸素、さらに、外来異物としてのウィルスなどが知らぬ間に体の中に入り込んでしまいます。

夕方になり、太陽が沈むと、今度は陰のメラトニンが分泌をはじめ、その日のセロトニンの役目は終了します。日が沈んでメラトニンが分泌されはじめ数時間後に電灯を消すと、「眠りなさい」と視交叉上核を経由した松果体から指示があり、メラトニンの分泌がさらに多くなります。

寝ることで脳もからだも休息するわけですが、寝るという行為は単なるエネルギーの補充だけではありません。日中の活動で老廃物がたくさんたまった汚れたからだを、きれいに掃除してくれるのです。しかし、この陰陽のバランスが出朋れてしまいますと、メラトニンとセロトニンの本来の役割が時間通りにいかなくなってしまいます。現代は24時間営業のお店が増えただけでなく、仕事や勉強で昼夜逆転することもしばしばです。このような生活を続けていると、確実に健康を損ないますし、精神的にも大きなダメージを与えてしまいます。

睡眠の効果

  • 老化一因である活性酸素の除去
  • 脳の疲れを取り除き情報の整理
  • 精神を安定させストレスを減らす
  • 記憶の定着
  • 成長ホルモンの分泌
  • 免疫力アップ
  • 血圧が下がり、心拍数・呼吸数が減りリラックスモードへ

成長ホルモンはメラトニンなしでは分泌されない

基本的に人間の脳というのは未成熟で生まれてきているので、さまざまな脳内物質は、幼児期には増減し、激しく変動しています。生まれたばかりのときは、成人が持っている機能はほとんどありませんので、歩くこともしゃべることもできません。
成長するにしたがって脳の回路もできあがり、しやべったり歩いたりが可能となります。

子どもは、メラトニンの分泌が引き金になって成長ホルモンの分泌を促し、成長していきます。この成長ホルモンは骨に働きかけることによって、からだや背がどんどん大きくなっていきます。思春期になって成長が止まるのは、メラトニンの分泌が減りはじめて、成長ホルモンの分泌が少なくなるためです。
成長のためにもメラトニンは欠かせません。

成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。とくに幼少期は、大量に分泌されます。きっちり睡眠をとり、メラトニン分泌を促すことで、脳やからだの成長が保たれるのです。

メラトニンは思春期以降減少してしまう

メラトニンは睡眠を誘発する引き金になるだけではなく、睡眠初期から朝起きるまでずっと分泌が継続しています。では、赤ちゃんはどうかといいますと、1歳くらいまではメラトニンの分泌はなく、お乳を飲んで寝るという睡眠のリズムしかありません。赤ちゃんの睡眠レベルはレム睡眠が主体になっていて、1歳を過ぎたころからメラトニンの分泌がはじまり、3歳から5歳くらいにメラトニンシャワーといって、分泌量が急激に増えます。
この頃から睡眠のリズムが大人と一緒になります。その後、17歳から18歳を境にしてメラトニンの分泌は減少していきます。さらに、高齢になるとメラトニンの量が少なくなるので、睡眠障害も起きやすくなります。このように思春期までメラトニンの分泌が多いというのは、からだの成長にメラトニンがかかわっているからです。

メラトニンというホルモンは夜、寝ている間につくられる

メラトニンの生成のメカニズムについてはわかりましたが、ではメラトニンが分泌されるのはどのような状況のときでしょうか。

朝起きて、眼から太陽の光が入ると、光の信号は視神経を通って視交叉上核にいき、松果体に届きます。目から入った光は「朝ですよ!」という信号をセロトニン神経に送ると、セロトニンが分泌されはじめます。

それから約12時間後、太陽が沈んで数時間すると「夜になったよ!」という信号が松果体に送られ、セロトニンの分泌が止まりメラトニンの分泌がはじまります。

つまり、太陽がでている日中にはセロトニンが活発で、太陽が沈んだ夜になるとメラトニンの分泌が盛んになるということです。とくに午前0時から2時頃にメラトニンの分泌量がピークに達します。この分泌のパターンは日本に住んでいる人でしたらだいたい同じ時刻になるため、規則正しい生活をしている場合、およそ同じ時間帯に目が覚めて同じ時刻に眠くなるというパターンが生まれます。

メラトニンがつくられるメカニズム

メラトニンは脳の中央一番奥深くにある豆粒ほどの於果体から分泌されるのですが、そのためにはセロトニンがないと分泌されません。セロトニンというのは、脳内の情報伝達物質でドーパミンやノルアドレナリンと同じ仲間です。

脳には、情報を伝えるためにたくさんの神経が張りめぐらされていて、その神経の先端からセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの化学物質を放出して、つぎの神経へ情報を伝達させています。セロトニンというのは、心とからだが元気になるのをつかさどっていて、精神のバランスをとる役割があります。したがって、セロトニンが不足すると、心のバランスが崩れ、表情が暗くなったり、うつ状態になったり、キレやすくなります。

セロトニンはあらゆる生物にあり、私たちの生命活動に不可欠な存在です1では、セロトニンは何からつくられるかといいますと、必須アミノ酸の1つであるトリプトファンが原料になっています。ちなみに、ドーパミンとノルアドレナリンはフェニルアラニンという必須アミノ酸からつくられます。

必須アミノ酸というのはからだのなかでは合成できませんので、食べ物から摂らなければなりません。からだに入ったトリプトファンは、酵素の働きによって消化管と脳でセロトニンとしてつくられ、消化管でつくられたセロトニンは胃腸のぜん動運動を活発にさせる働きをし、脳神経でつくられるセロトニンは神経伝達物質として、心とからだを元気にするように働きます。

さらに、トリプトファンからセロトニンがつくられたあと、2種類の酵素が働いてメラトニンが合成されます。ここでもう一度整理しておきましょう。メラトニンが合成されるのは、トリプトファン→セロトニン→メラトニンの順番です。したがって、トリプトファンの摂取量が少ないとセロトニンが合成されないので、うつ傾向あるいはキレやすくなつたり、メラトニンが分泌されないので、よい眠りがとれません。

メラトニンというホルモンとは?

現在では、睡眠に欠かせないホルモン、また、不老長寿ホルモンとして定着しましたが、メラトニンは1958年に発見された、睡眠をつかさどるホルモンです。メラトニンは、脳の松果体から分泌されるホルモンの一種で、アミノ酸の一種のトリプトファンを原料として、セロトニンを経て合成されます。

メラトニンは、私たち人間だけに存在するホルモンではなく、動物、植物にも存在し、それらはすべて全く同じ分子構造になっています。アメリカでは、若返りのホルモンとして注目され、栄養補助食品として販売されていますが、体内で合成できるホルモンを病気でないかぎり、サプリメントで摂取することはおすすめできません。

いずれにせよ、メラトニンは、睡眠にとってなくてはならないホルモンですから、睡眠障害のある人や熟睡できない人は、メラトニンを体内で合成できるような生活習慣を心がけなければなりません。メラトニンが少なければ、質のいい睡眠、いわゆる快眠はできません。

  • 1958年に発見
  • 脳の松果体から分泌されるホルモン
  • 原料はトリプトファン、セロトニンを経て合成
  • 人間だけでなく動物・植物にも存在

人はなぜ眠るのか?眠る意味

メラトニンは睡眠においてとても大切

人間のからだは、昼間行動して夜に寝るようにできています。なぜ眠くなるのかというと、メラトニンという睡眠をつかさどるホルモンがかかわっているからです。メラトニンが脳の松果体という豆粒ほどの器官で分泌され、「眠りなさい!」という信号をからだの器官に送ることによって眠る準備がはじまります。

メラトニンというのは、太陽が沈んでから分泌がはじまり、朝陽が昇るころになると分泌を停止します。人間は昔から朝日とともに起きて、太陽が沈むとともに眠るというリズムが基本にあります。したがって、メラトニンが正常に分泌されないと、眠りの指令を出すことができないので、夜になっても眠くなりません。メラトニンが分泌されないと眠れないだけではなく、からだの生理機能にまで影響を及ぼしてきます。

睡眠の目的は「体の修復」と「脳の整理」

睡眠というのは、ただ単純にからだの疲労をとるだけのものではありません。私たちが起きて活動しているときは、エネルギーを利用して代謝活動が活発に行なわれています。そして、メラトニンが分泌されて眠りにつくと、からだはエネルギーを使う必要がなくなりますので、体温が下がり肉体の活動はほとんどなくなります。もちろんからだだけではなく、脳も周囲の状況に注意をはらう必要がないために、精神活動も休息しています。
睡眠の重要性は、寝ている問にからだの細胞の修復と再生というメンテナンスと、記憶の整理を行なうことです。からだのすべての機能を必要最小限にとどめている状態のなかでしか、このメンテナンスができません。したがって、睡眠がとれないとメンテナンスが滞るので悪影響がでてきます。

メラトニンは地球の活動と連動している

メラトニンの大切さはメラトニンがどのように働いているかを丁寧に理解しないとわからないでしょう。メラトニンというのは、太陽がでている問は分泌を抑制されるようになっています。それは、昼間は活動しなくてはいけない時間帯ですから、分泌によって眠くなってしまうからです。太陽が沈むと、メラトニンが分泌される準備をはじめ、横になって部屋の電気を消すとメラトニンが大量に分泌され眠りに入っていくわけです。

また、太陽がでているときに交感神経が活動し、陽が沈んでメラトニンが分泌されはじめると副交感神経が優位になります(48 ページ参照)。そして、夕食で食べた栄養素が消化管から血液に入り、からだ全体にめぐり昼問使ってしまったエネルギーと栄養素を補給することになります。このように、メラトニンがないと睡眠ができないわけで、地球のリズムに完全に一致しています。