メラトニンの効能、効果

メラトニンは天然ホルモンのひとつで、脳の奥にある豆粒大の松果体で生成されます。メラトニンの生成量は夜、.睡眠中にピークを迎え、日中は低下します。

メラトニン生成量が毎日満ち引きすることで、眠りと目覚めのサイクルが司られているのです。不眠症の一時的な治療薬として、また時差ボケを解消するためにメラトニンが推奨されてきました。
歳をとるにつれてメラトニンの量が低下することから、最近、メラトニンは老化防止剤として広まってきています。動物実験で、高齢の動物の飲み水にメラトニンを加えたところ、寿命が大幅に延びたばかりか、老化を示す多くの症状が改善されました。

こういった研究をもとに、人間の場合もメラトニン量を若い頃のレベルに戻すことで、老化による肉体的および精神的衰えを防ぎ、遅らせることができると考えられています。

体内時計の針を逆戻りさせたいと願うベビーブーム世代は、毎日メラトニンを摂取しています。このホルモンと老化の関係についてはいずれ解明されるでしょうが、ほかにもメラトニンに関する素晴らしい発見があります。

メラトニンには抗酸化作用やフリーラジカルを解毒する働きがあり、酸化によるダメージから細胞を守ります。酸化によるダメージは、アルツハイマー病(脳にできたアミロイドプラークが脳細胞を破壊する)など、多くの病気の原因となります。

最近「神経科学」誌に発表されたところによると、試験管内実験において、メラトニンには脳のアミロイド形成の原因となる酸化ダメージを抑制し、アルツハイマー病を予防する働きのあることがわかったそうです。

メラトニンには偏頭痛の一種である群発頭痛、とくに男性に多い疲労性の頭痛をやわらげる効果のあることもわかっています。二重目検で20人の群発頭痛患者を2つのグループに分け、それぞれに毎日、10 mgのメラトニンもしくは偽薬を与えました。

約1ヶ月後、メラトニングループの半数は症状が改善されましたが、偽薬グループには改善が見られませんでした。群発頭痛でお悩みの方は、メラトニンの使用について医師などの専門家に相談してみてください。

メラトニンは、悪性腫瘍の拡大を未然に防いでがんとたたかう細胞を活性化し、免疫機能を強化することでも知られています。「松果体研究」に発表された興味深い研究報告によると、メラトニンは悪性の皮膚がんであるメラノーマ(悪性黒色腫) により、結節にがんが再発し(病変が転移して別の細胞へ広がった兆候)、外科的治療を受けている患者の延命に効果のあることがわかっています。

この研究では30人の患者を2グループに分け、1グループには毎日2 0mgのメラトニンを投与し、もう一方には治療を行いませんでした。31カ月後、メラトニン摂取グループの生存率は他グループよりも遥かに高い結果となりました。

不老長寿ホルモン「メラトニン」が若返りに必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください