笑いが大切

笑うことは、健康にとって大きな役割を果たしています。それは、免疫力をアップさせたり呼吸器の機能を改善したり、ストレスホルモンの値が正常になったりするなど、多くの利点があります。笑うことは神様が私たちに授けた最高の感情表現です。

高齢者の施設や病院などで、落語やお笑いのビデオを見せて笑った人のほとんどが精神的にも肉体的にも健康的に向上している、ということが報告されています。「笑う門には福来る」といいますが、まさに「笑う門には健康来る」といってもいいくらい、笑うことは副作用のない最高の薬かもしれません。

では、笑うことのなにがいいのかというと、お腹が痛くなるくらいに笑ったときは、腹筋が痛くなりますが、これは、笑うことで腹式呼吸をしているからで、大笑いをした後というのはとても気分がいいものです。また、笑うことで、日常使っていなかった筋肉も動かすので、運動にもなります。笑っているときは自然に腹式呼吸をしていて、セロトニンを分泌させる効果があるのです。さらに、笑うという感情は脳の指令によって行なわれているので、脳が活発に働いている証拠です。

お笑いや漫才、落語、コメディーなどを見て笑うのはとても大切なことですが、毎日の生活のなかでもいつもこコニコ笑って生活できる心のゆとりが睡眠にも大きく影響してきます。笑いがもたらすポジティブな感情によってストレスを軽減させることで、メラトニン分泌を促進させることにつながります。
ストレス発散のためにも笑いは重要な緩和剤です。

お笑いのDVDはこちら

笑いの効用

  • 脳の活性化
    笑うことで自然に腹式呼吸が行なわれ、酸素が脳にゆき渡ることで「脳の活性化」につながりまもまた、血液の流れが活発になります。
  • 健康維持
    笑うことで腹式呼吸が行なわれ、普段動かさない筋肉を動かすことができまもまた、心が豊かになり、それが健康維持につながります。
  • リラックス効果
    笑いは副交感神経を活発にさせ、リラックスした状態をもたらしまもまた、人間関係の潤滑油にもなります。

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発になるということですので笑いは快眠だけでなくガン細胞まで破壊するということです。笑うためにお金を使うことが健康になる一番の近道なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください