ストレスがかかるとマイナス思考になる

いつの世にもストレスはつきものです。現代人はストレスに打ち勝つセロトニン神経が弱くなっているために、ストレスに簡単に負けてしまいます。.刀カストレスが続くと、先に説明したように、さまざまな病気に催りやすくなります。それだけではなく、睡眠障害も現れてきます。

覚醒時の心身の状態を元気にしてくれるセロトニン神経が弱るとともに、夜の睡眠をもたらしてくれるメラトニンの分泌も十分でなくなってしまうのです。また、ストレスの影響下では、マイナス思考になりはじめ、疲労感も増大します1ところが世の中には、ストレスに強い人と弱い人がいます。その違いはなにかといいますと、脳内のセロトニン神経に関係しています。セロトニン神経は元気の源といいましたが、マイナス思考の余地を与えないで、自分に不利なことがあっても、受け流し、プラスに考えさせてくれます。メラトニンは、ストレスで被ったからだのダメージを寝ている問に修復してくれますので、まずはセロトニンの分泌を多くすることが大切です。

関連情報:ストレスホルモンは早朝に分泌される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.