朝の目覚めが重要

熟睡するためには、朝の目覚めがとても大切になります。睡眠に必要なメラトニンを合成するためにはセロトニンが必要だといいましたが、目覚めてすぐに朝の光を浴びることは、セロトニンの分泌を活発にさせるからです。朝陽を浴びることによってセロトニンが分泌され、その日の活力が生まてきます。
さらに、太陽の光が視交叉上核の体内時計に届くと、からだは地球の時間に合わせることができるわけで、太陽とともに生きているといっても過言ではないでしょう。

目覚めが悪い人は、起きてすぐに外にでて散歩するといいでしょう。室内の明かりは300~400ルクス程度ですが、曇天でも野外では3000ルクス、晴れた朝は10000ルクス以上ありますので、強制的に目から光を入れるには散歩するか、外をしばらく眺めるといいでしょう。

朝が苦手な人は
http://comfortable-sleep.info/morning/

朝のスッキリとした目覚めを狂わせる大きな原因は夜ふかしをすること。休日などたっぷり眠りたい場合は早く稟るようにしましょう。そして、目覚めたらカーテンを開け、光を部屋に取り込みます。光によって脳が刺激され活動モードになり、体内時計を地球の時間に調整させます)

目覚めてすぐに太陽光を浴びると、セロトニンの分泌が活発になりますも目覚めの悪い人は、外にでて散歩するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.