リズム運動がメラトニンの分泌を活発にする

私たちのからだはリズムが重要なカギとなっています。たとえば、心臓の鼓動、脈、呼吸、バイオリズムなど一定のリズムによって動いていますので、運動もリズムのある運動が睡眠にとって重要になります。では、なぜリズム運動がいいのかといいますと、セロトニンが活性化するためです。

そもそも、セロトニンがつくられる脳の周辺には阻囁、歩行など生きていくうえで重要な運動をつかさどる中枢があるので、リズム運動が大切になるのです。メラトニンがつくられる前の物質であるセロトニンが、リズム運動をすることでたくさんつくられます。したがって、朝の散歩は朝食で食べる果物と同じように、からだにとって最高の朝食です。爾が降っているときは、部屋のなかでラジオ体捜するのもいいでしょう。

セロトニン分泌を促進させるためには

  • 毎日太陽光を浴びる習慣をつける
  • リズムを刻みながらウォーキングする
  • 食事でしっかり咀嚼する
  • ガムを噛む

また、太陽光を浴びながらのウォーキングは相乗効果をもたらします。セロトニン神経は、毎日の生活のなかでリズム運動を意識的に繰り返すことで鍛えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください