腹筋を意識してゆっくり呼吸することが大切

1回に吸う空気の量が多くなって回数が増えると、過呼吸といって失神やけいれんを起こす可能性もでてきます。普通、私たちは1回に500ミリリットルの空気を吸い、呼吸数は1分間に釣12回で、それ以上になると過呼吸になってしまいます。したがって、ゆっくりとした呼吸法をした場合、1500ミリリットル程度の空気が入りますので、1分間の呼吸回数は4回で充分で充分ということです。

では、どうやって1回に吸う空気の量がわかるのかといいますと、脳には酸素不足や炭酸ガスのレベルをコントロールする機能があるので、その自然の働きにまかせればいいのです。呼吸の目安としては、15秒に1回あるいは20妙に1回の見当で充分です。

腹式呼吸が体に与える効果

  • 脳がすっきりする
    呼吸のリズムを意識的に変えることで、脳の自律神経が調整されまもストレスを感じたときは気持ちを切り替えるために腹式呼吸で呼吸を整えてみましょう。
  • 安眠効果
    呼吸をリズミカルに行なうことによってセロトニンの分泌が活発になりまもまた、ストレス緩和の効果が現れるため、安眠をもたらすことも期待できます。
  • ダイエット効果
    腹式呼吸は通常の呼吸よりも取り入れる酸素量が多くなるため多くのエネルギーを消費します。他の運動と組み合わせることで、ダイエット効果が期待できます。

関連情報:腹式呼吸でメラトニンが増加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.