腹式呼吸でメラトニンが増加する

呼吸には「生きるための呼吸」と「セロトニンを出す呼吸」の2つがあります。「生きるための呼吸」は、生まれてから死ぬまでに睡眠中も休むことなく繰り返される呼吸で、吸気を中心とした呼吸で横隔膜によって行なわれます。

「セロトニンを出す呼吸」は、座禅やヨガ気功法などで行なわれる呼吸法で、腹筋を意識的に収縮させて吐く呼吸が中心になります。
セロトニンを分泌させるには、普段の「生きるための呼吸」では意味がありません。大切なのは、「セロトニンを出す呼吸」で、呼吸のリズムをとりながら腹筋を使ってゆっくりと最後まで肺のなかの空気を吐きだすことです。
吸気は「生きるための呼吸」に合わせて、自然にまかせてください。心臓の鼓動と呼吸は寝ているときもしていて、心臓は生きていくうえで最重要の臓器です。

心臓は意識的に鼓動を変えたりすることはできませんが、呼吸は意識的に変えることができるというもので、これが人間に与えられた素晴らしい機能です。したがって、この呼吸法を利用してセロトニン神経を活性化させてメラトニンの分泌を増やすというのは、人間だけに与えられた機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください