軽いウォーキングをしてから仕事や家事をはじめる

歩くことはリズム運動だですが、岨噛と同様に私たちにとって基本となるリズム運動です。寝ている問はからだの機能を使っていませんでしたから、目が覚めてボーッとしている人もいます。それは、セロトニンがあまり分泌されていないからで、1日の元気の元になるセロトニンを分泌させるためには、基本となるリズム運動をしなければなりません。

歩くことは、ふくらはぎの収縮によって心臓への血液の循環をよくするだけでなく、脳への血流も多くなると同時に、セロトニン神経の刺激にもなります。歩く時間帯は朝食の前10分から20分で充分です。雨が降っているときは、室内でスクワットやストレッチをするといいでしょう。歩くことと同じ効果が得られます。

関連情報:ガムをかむリズム運動がセロトニン神経を活性化させる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください