疲れをとってから就寝する

私たちが生きていく上で絶対的に必要なのが、空気と水です。呼吸がとまれば5分で死に至りますが、毎日当たり前のように呼吸しているのでそのありがたさがあまりわかりません。それと同じように、睡眠の大切さは眠くなったら寝るというなりゆきで毎日過ごしているので、本来の重要性をあまり理解できていない人が多いでしょう。

人間はどのくらい起きていられるかというギネスブックに挑戦する人もいますが、普通の人たちは1日寝ないと集中力がなくなってしまいます。忙しくて寝る時間が惜しいというサラリーマンもいますが、少なくとも睡眠中にからだを修復する時間を得るために熟睡しなければ頭が思うように回転しません。熟睡するためには、寝る前の準備が必要になります。いままで、無意識のうちに行なっていた睡眠前のお風呂などは熟睡のためには重要な要素です。
ここでは、睡眠前に必要なことを紹介しましょう。

寝不足の場合の弊害

  • 集中できない
  • 思考力が低くなる
  • イライラする
  • 物忘れがひどくなる

体への弊害

  • 体がだるい
  • 頭痛がする
  • 肌があれる
  • 風邪を引く、体調を崩しやすくなる

寝不足になると、疲れがとれないのはもちろん、集中力や思考力が低下したり、気分や情緒までも不安定になります,

関連情報:眠る意味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください