メラトニンはサプリで摂るのはNG

メラトニンは糖尿病のインスリンと同じように、体内で合成できるホルモンです。したがって、子供のときからメラトニンのサプリメントを飲んでいると、からだは努力をしなくても常にメラトニンが豊富にある状態で、つくることを忘れてしまいます。

とくに幼児期は、もともとからだでどんどんメラトニンが合成されているので、たとえ睡眠障害でも、絶対にサプリメントは禁止です。視床下部には性の中枢という部分があり、そこから卵巣や精巣などの生殖器官の発達を促す性腺刺激ホルモンを分泌しています。メラトニンが松果体から分泌されると、視床下部にある性の中枢に働きかけることで性腺刺激ホルモンの分泌を抑制して、成長ホルモンを分泌させています。

思春期になるとメラトニンが減少するわけですが、今度は、性腺刺激ホルモンがたくさん分泌されはじめ、男女の成熟がはじまるわけやこのような大切な時期にサプリメント与えると、からだが成熟に混乱きたしてしまいます。

いわゆる、妊婦中もそうですが生殖に関係する時期にメラトニンと問題が起きる可能性があります。

もっとも、すべての人がサプリメントを飲んではいけないといありません。国際線のパイロットや乗務員、海外に頻繁に行くビジネスマンは、時差ボケ修正のために一時的にサプリメントを飲んで、体を現地時間に合わせる必要があります。

また、高齢者はメラトニンの分泌が少ないので、補う必要があります。しかし、メラトニンは日本では販売されていませんので、服用の場合は、医師に処方してもらわなければなりません。できれば、60歳代まではなるべくサプリメントに頼らずに、自然睡眠方法を考えたほうが健康のためにもなるでしょう。
そこで、リズム運動を日ごろからすることによって、セロトニンが分泌されますし、成人病の予防にもつながりますので一石二鳥というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください