「体幹を使った運動はセロトニン神経に好影響を与える

からだをひねるという行為は日常生活のなかではあまりしませんが、太極拳やスポーツではからだをひねる運動は欠かせません。ゴルフや野球、テニスなどは、からだの中心の体幹をひねることで打球の威力にも大きく影響します。

体幹というのは腰骨の上に位置していてからだの中心にあり、腹筋、背筋、股関節、広背筋上部を指します。これらの筋肉を効果的に動かすことによってセロトニン神経に刺激を与えることができますので、集中力が増加するだけでなく、睡眠に欠かせないメラトニンの分泌にも効果を発揮します。

身近に行なえる体幹を使った運動には、スクワットやゴルフのスイングなどがあります。また、フラダンスは適度な運動強度で、からだをひねるリズム性運動であるため、よりセロトニン神経活性化に効果があるといわれています。

関連情報:リズム運動を生活の中に毎日取り入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.