メラトニンというホルモンは夜、寝ている間につくられる

メラトニンの生成のメカニズムについてはわかりましたが、ではメラトニンが分泌されるのはどのような状況のときでしょうか。

朝起きて、眼から太陽の光が入ると、光の信号は視神経を通って視交叉上核にいき、松果体に届きます。目から入った光は「朝ですよ!」という信号をセロトニン神経に送ると、セロトニンが分泌されはじめます。

それから約12時間後、太陽が沈んで数時間すると「夜になったよ!」という信号が松果体に送られ、セロトニンの分泌が止まりメラトニンの分泌がはじまります。

つまり、太陽がでている日中にはセロトニンが活発で、太陽が沈んだ夜になるとメラトニンの分泌が盛んになるということです。とくに午前0時から2時頃にメラトニンの分泌量がピークに達します。この分泌のパターンは日本に住んでいる人でしたらだいたい同じ時刻になるため、規則正しい生活をしている場合、およそ同じ時間帯に目が覚めて同じ時刻に眠くなるというパターンが生まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください