メラトニンが睡眠をコントロール

メラトニンというホルモンは、脳の於果体から夜に分泌されるホルモンで、分泌がはじまると、脳の温度が低下しはじめるために睡眠へ導かれていきます。朝、太陽が昇りはじめると、太陽の光が目に入ることによって、目の裏側にある視交叉上核城というところに光の情報がいきます。そうすると、寝ている問に分泌されていたメラトニンが、光の情報により分泌を止めてしまいます。

その代わりに、セロトニンという覚醒をつかさどる脳内物質が分泌されはじめ、からだが睡眠状態から目を覚まします。朝起きてすっきり目覚めることができるのは、このセロトニンが正常に分泌されている証拠です。目覚めが悪い人は、セロトニンの分泌がよくないわけですから、天気の日は起きたらすぐに太陽の光を浴びる必要があります。

ちょっとした生活習慣で目覚めのいい朝を迎えるきっかけになる
http://comfortable-sleep.info/morning/archives/59

目覚めの悪さはセロトニンが足りていない証拠です。朝は太陽の光を浴びるようにしましょう。光が少ない曇っている日はラジオ体操などでからだを動かしてセロトニン分泌を促しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です