曇りや雨の日は運動でメラトニンの材料が増える

太陽の光を浴びるとメラトニンの材料であるセロトニンが増えるのですが、曇りの日はどうしたらいいのでしょうか。晴天のときの光の強さは1000ルクスくらいあるのですが、曇天や雨のときは3000ルクス以下になってしまいます。いくら光を浴びるといっても、蛍光灯の300ルクスくらいではほとんど効果はありません。

太陽の光を浴びることができない日は、とにかく運動することです。前にも説明したように、セロトニン神経を活性化させるには「リズム運動」が効果的です。習慣的にリズム運動をすることでセロトニンの分泌を促すことができます。私たちが毎日行なっているリズム運動には、「歩く」「咀嚼」「呼吸」の3つがありますので、「散歩」したり「ガム」をかんだり「呼吸法」をするというのはセロトニンの分泌にとっては欠かせないことです。

晴れの日は太陽を浴びるだけでセロトニンを蓄えることができます。雨の日は、太陽光を浴びることができないので、積極的にからだを動かすことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です